言語資源ワークショップ:優秀発表賞(2022年度から)

言語資源活用ワークショップ:優秀発表賞(2021年度まで)

本ワークショップでは学生の方の発表を対象に発表者・参加者の投票に基づき優秀発表賞を設けています。 2021年度までは全著者が学生の発表が対象,2022年度からは発表者(筆頭者)が学生の発表を対象としています。

言語資源ワークショップ 2022 優秀発表賞受賞者
スロベニア人初級・中級・上級日本語学習者コーパスの構築と文法的誤用分析
パウロヴィチ・ミハ(リュブリャーナ大学文学部アジア研究学科:学生)
言語資源活用ワークショップ 2021 優秀発表賞受賞者
現代短歌における字余りとリズムの考察
俵 匠見(宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校:学生)
言語資源活用ワークショップ 2020 優秀発表賞受賞者
外来語サ変動詞における日本語母語話者の許容状況 ―I-JASに基づく例文を用いた調査から―
南 亜希子(金沢大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2019 優秀発表賞受賞者
文を包摂する名詞の形式的な特徴に関する考察
泉 大輔(東京外国語大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2018 優秀発表賞受賞者
日本語wikipediaを用いた慣用句の構成性の数値化
岡田 優也(関西学院大学:学生)
言語資源活用ワークショップ 2017 優秀発表賞受賞者
近代漢語の品詞性にみる多様性の画一化
間淵 洋子(明治大学大学院:学生・日本学術振興会)
 

リンク Links